RPA監査とはそもそもどういうことかを説明

RPA 監査

近年ではあらゆる業界において人工知能や、ロボットによる自動化システムが注目されています。ロボットによって業務を自動化することをRPAといいます。このRPAは特にパソコンを使って業務を行う企業において効果を得ることができるため多くの企業から注目を集めています。RPAは作業時間を短縮することができる他、人的なミスを限りなく減らすことができます。またRPAによって昨今の問題となっている人材不足の問題を解消することも可能となります。またRPAは業務を効率化することができる自動化システムだけでなく、セキュリティ対策の一つとしても一定の効果を上げることができるとして注目を集めています。これまで時間のかかっていた内部の統括や監査における業務を削減することができるのは企業においても非常にメリットが高いといえます。

RPAの監査とはどのようなものか

RPAは毎日、定期的に行う作業を自動化するシステムとして注目を集めているため、会計作業や経営管理の作業とは異なる監査の業務においてRPAの導入と結びつかないと感じる人は非常に多いです。しかしながらRPAを使用することで直接的な監査業務を実施しなくても、監査の対象となる項目を減らすことに役立てられるのです。RPAは正しく設定することで人的なミスをなくすことができます。作業を行ううえで人間はどうしても疲労や不注意で単純なミスを発生させてしまう恐れが多いです。監査の中にはこうした人的ミスが発生していないかどうかをチェックする項目があります。そのためRPAを使用することでミスを確実に減らし、監査の行う必要がない部分が増えるため、結果的に監査の作業を減らすことが可能となるといえます。

RPAの監査を使用するメリットやデメリットとは

近年急速に企業から注目を集めているRPAは定例の作業のみならず監査の作業工程を減らすことでも人気を集めています。RPAを導入することで人手不足を解消することができ、さらに作業の自動化により一人ひとりの作業負担が減り、従業員にかかる負担が軽減されるばかりでなく、これにより本来力を入れるべく、企業活動に専念しやすいため生産性を上げることもでき非常にメリットが高いといわれています。しかしながら、一つの企業であらゆるシステムを活用している現代においてシステムを連携しRPAを導入することは非常に複雑で容易ではないことがデメリットとしてあげられます。また思わぬシステムエラーが発生してしまう可能性もあるため、業務自体が停止してしまい、作業が進められなくなってしまうばかりか、データが消えてしまう可能性もあるため、事前に何等かの対策を行っておくことが必要です。