RPA監査を導入する際の注意点を説明します

RPA 監査

近年では多くの企業や個人のオフィスで、仕事上でパソコンを使うことは最近では当たり前になっています。あらゆる媒体に繋がることもできますし、多くの情報を社員全体で共有できたり、従来であれば人手が必要だった業務を自動的にすることが可能になったりと、仕事の効率化を進めるのにパソコンは欠かせなくなっています。このパソコンを使う時にはRPAのツールのサービスを利用することで、複雑だった業務を自動化させて簡素化することで操作ミスをなくすことにも繋がりますので、RPAでの監査を導入する企業も増えて続けています。 RPAとは、robotics process automation(ロボティックスプロセスオートメーション)の略称のことで、近年では監査業務でRPA化ができれば積極的に導入がされていますし、業務に応じたさまざまな関連ツールも開発がされているのです。

RPAの監査を導入することでメリットが大きい

さまざまなRPAツールの導入により、企業の人員不足やコスト削減にも大きな成果を出しています。多くの企業it革命のもとでのさらなるテクノロジーの発展によって、社会や経済状況がスピードアップ化されてきていますので、今以上の業務効率化が求められています。企業にとって単なるitシステム化だけをするのではなく、自動化という概念も加わっていることで、このRPA(ロボティックプロセスオートメーション)の導入は年々進められています。監査における部署も同様で、自動化をすることで人的な作業であった業務を簡素化させたり、それによる人材のコスト削減ができたり、ミスを防いでスピーディーに業務をすることが可能となり、多くの企業にとってRPA監査でのメリットがあると言われていますので、これからも需要が広がっていくでしょう。

RPAの監査導入に関係する部署との検討が必要

RPA(ロボティックプロセスオートメーション)の導入は、監査部署をはじめ多くの業務でされています。初期の頃には特殊であり高価でもあり大掛かりな導入を必要とされていましたが、現在は安価で簡易なRPAが導入できることになり、身近なツールとなってきたというのもあるでしょう。また専門のit業者に依頼することで、会社規模に合わせてカスタマイズしてもらうこともできます。RPA導入はメリットも多いとされていますが、その反面、デメリットが懸念される場合もあります。監査を含めて関係部門との連携がきちんとなされていなかったり、それぞれの業務部署との検討がないままに導入がされたり、部分的な導入であったりと、各部署との連携や統一がなされていないことで、正しい業務効率化に繋がらない場合もありますので、導入をする前には部署間による全社的な検討が必要になってきます。