RPA監査にはこのようなルールがあります

RPA 監査

RPAとは、ロボティックプロセスオートメーションの略称です。簡単に言うと、パソコン上で行なえる簡単作業をやってくれるツールになります。定型の作業を反復で行なえる為、地味で面倒な仕事を任せる事ができます。そうする事によって人間の手が空きますので、他の仕事に取り掛かる事が可能になります。作業時間の短縮にもつながり、働き方改革を実現させるものとして注目されています。RPAはAIとは異なります。よく混在されますが、AIは人工知能故に考える事が可能です。しかしRPAは思考する事はありません。あくまでも決められた作業を淡々とこなすツールになります。AIが脳なら、RPAは身体ですね。では、RPAの監査を考えている人へ、サービスのメリットやデメリット、ルールについてお話していきます。

RPA導入に関するメリットについて解説していきます

RPAを監査する必要性は後で解説しますが、まずはRPAを導入する事で発生するメリットについて解説していきます。RPAは先述のように、単純作業をこなしていきます。導入する事により、作業が正確に、高速に行なえるようになります。また、人為的ミスが生じないので、ヒューマンエラーが無くなります。これにより作業効率が大幅に良くなります。作業時間が減る事により、残業時間も減っていく事が期待されます。効率良く仕事ができる事により、人件費の削減につながるなど、コスト削減も期待されています。RPAが効果的な業務は、ルール化しやすい業務です。反復作業になりますので、定型で決まったフローを行なう業務が向いています。また、繰り返しの多い業務であればある程、実力を発揮します。パソコンのみで業務が完了する物である事も、条件のひとつです。

RPAのデメリットと監査のルールについて

RPAのデメリットは、まずシステムの仕様変更などによる誤作動のリスクがある事です。決められた作業をこなすRPAですので、何か変更があった場合、それが反映されていないと間違ったまま作業を進めてしまう事になります。システム障害などによる業務停止のリスクもあります。ITである以上避けて通れませんが、不正アクセスもそのひとつです。IDやパスワードはもちろん設定されますが、それでもリスクは回避できません。また、担当者変更などによる業務のブラックボックス化もデメリットとなります。内容を理解しない担当者が増えていく懸念があります。このデメリットに対抗するのが、監査です。システム上のエラーが発生した時や想定外のデータが入ってきた時などに正しく処理を止めてログを出す様にすれば、大きなリスクも小さくする事が可能になってきます。