Search Posts

贈って喜ばれる胡蝶蘭について

胡蝶蘭は、お祝い事や、贈り物に喜ばれるお花です。就職祝い等に贈る事で、胡蝶蘭のうっとりする様な見た目と、落ち着く香りで、一生忘れられない思い出として残る事が出来ます。
この花は、他のカーネーション等と比べて、枯れにくいのが特徴で、一度贈ると、数週間咲いていてくれるので、思い出と共に色褪せることはありません。
胡蝶蘭の花言葉は、幸福が飛んでくる、といわれています。就職祝いや、母の日のカーネーションに贈る事で、相手に幸せを届ける事が出来ます。最近は、就職をしても待遇が上がらなかったり、すぐに仕事を投げ出してしまったりする方が多いですが、このお花を贈る事で、お花の様に、種から土に根を張り、苦しい時でも諦めずに我慢して居れば、いつかは咲き誇る事が出来るという事を伝える事が出来ます。
母の日にこのお花を贈る事で、親子の絆を再認識させてくれますし、より深めてくれます。最近は、親子間が傷つけ合ったりするニュースが後を断ちません。親子感の愛情をこのお花で表現する事が出来ます。普段は照れくさくて言えなかった言葉でも、このお花を通じて伝える事が出来ます。たまには、辛い言葉で当たってしまったとしても、本心は、このお花の様に綺麗で純粋な親子の気持ちがある事という事を認識し合う事が出来ます。
もしも、家庭にお年寄りが居る場合でも、敬老の日にこのお花を贈る事が出来ます。お年寄りは、戦後の苦しい状況から、今の美しい日本経済を作り上げた、たくましい方々です。今の安全な日本があるのも、お年寄り達のおかげなので、敬老の日はしっかりと敬う事が大切です。そこで、このお花の様に、枯れずに、強く元気で生きていて欲しいと伝える事が出来ます。最近は、お年寄りが孤立してしまったり、話相手が居なくなるのが原因で、認知症になってしまう事が多いです。そこで、敬老の日にこの美しいお花を贈って、脳に刺激を与える事で、認知症の予防にもなりますし、このお花を枯れさせないで、お世話をするという目的が出来ると、認知症の進みも遅らせる事が出来ます。来年の敬老の日も、このお花を貰う為に、この1年間また頑張って生きていようという気力も湧いてきます。
お誕生日のプレゼントにも喜ばれます。誕生日は、1年に1度の貴重な物なので、幸せを運んでくれる、美しいお花を贈る事で、男性の場合でも、女性の場合でも、喜んでくれますし、記憶にも残ります。
このお花は、インターネットで注文する事が出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です