Search Posts

結婚式の席次表を工夫しよう

結婚式に向けて、ペーパーアイテムを準備中の人に向けて、席次表の工夫の方法をお教えします。まず、デザインですが縦長のものにすると見た目がスマートなだけでなく持ち運びがしやすいのでゲストも見やすいものになります。また、テーブルや会場の飾りつけとも統一感をとりましょう。お花の色と席次表の飾りのリボンの色をあわせたりすると素敵です。また、表紙などにドレスと同じデザインのイラストなどをいれてみるのも良いでしょう。このように色々な工夫をして自分オリジナルのものを作ることが可能です。ただし、時間配分には十分に注意しましょう。ゲストの名前を正確に記載してあるかチェックしたりとなにかと神経を使う作業です。焦りながらやってしまうと失敗してしまいますので十分に注意しましょう。特に手書きでコメントなどを入れる予定の人はなるべく早めに着手しましょう。

結婚式で、席次表やビデオを自作しよう

結婚式と披露宴行うには、高額な費用がかかります。50人のゲストを招待する場合は、200万円前後の費用がかかったという人が多いです。演出や、ウェディングドレス、ウェディングケーキなど、いろいろなお金がかかります。ランクを上げるとどんどん値段が上がっていきます。しかし、料理、ドレス、ケーキなどを妥協することができない人は多いです。費用を抑えるために、席次表や、招待状、プロフィールビデオをなどを全て手作りにするといいです。席次表や招待状は、結婚式場の人に作成してもらうと値段が高いです。しかし、インターネットなどで、購入して自分でプリンターで印刷をすることで費用をかなり抑えることができます。プロフィールビデオは、式場に頼むと数万円かかりますが、自分のパソコンで作成すると、ほとんどお金がかからないです。

席次表の押さえどころ―和やかな結婚式のために

大切な人とこれからの人生を歩んでいく―その誓いとお披露目の儀式が結婚式です。身近な方に見守られる中で誓いを立てたという事実は、将来にわたって二人の結婚生活を支えてくれるでしょう。そのためにもぜひ和やかな結婚式にしたいですね。老若男女の誰もが気持ちよく出席できるよう、席次を検討する際は良識をもって臨みましょう。一般に、高砂席で新郎が座る方には新郎側のお客様、新婦が座る方には新婦側のお客様が座ります。そして、高砂席に近い方から順に会社関係、友人関係、親戚関係、家族のテーブルを作ります。テーブルの形状や大きさ次第で着席可能な人数も異なりますので、式場の方とよく相談して決めると安心です。また、実際に紙の席次表を作成する際は、出席者の氏名はもちろん、新郎新婦との関係も正確に記載しましょう。例えば親の兄弟でも「伯父(親の兄)」と「叔父(親の弟)」をきちんと使い分けると関係性が一目瞭然で、先々の親戚づきあいなどにも役立ちます。結婚式の準備は大変な部分もありますが、抜かりなく整えておけば、心おきなく当日を迎えられます。ご出席の皆様はもちろん、お二人にとって最高の一日となりますように。