メリットやデメリットについても考えるべきRPA監査

RPA 監査

RPAの監査を考えている人へ、少しご紹介したい事があります。そもそも、RPAとはロボティックプロセスオートメーションの略称の事です。大きな作業としては、ホワイトカラーの仕事になります。簡単に言うと、パソコン上でできる単純作業という事になります。RPAとAIはしばしば混同される事があります。RPAは単純な反復作業を得意としています。そして、それは決して考えながら行っている事ではありません。AIは人工知能と呼ばれているだけあり、膨大なデータを基に自ら思考を巡らせて考える事ができます。このように、似ているものではありますが全く異なる性質を持っています。そんなRPAですが、働き方改革の一端を担う事も出来る為、導入する、もしくは導入を検討する人たちが増えてきています。メリットやデメリットを詳しくお話ししていきましょう。

RPAのメリットについてご紹介します

RPAの監査というと難しい事を想像します。まずはRPAのメリットについて理解していきましょう。ロボティックプロセスオートメーションは、パソコン上の単純作業を得意としています。中でも、定型のある反復作業が非常に得意です。パソコン上ですべての作業が完了する業務が向いています。例えば、自社製品の口コミなどを収集する作業、他社競合製品の情報を収集する作業、メールの送信、交通費精算作業などです。人間が行なうよりも早いスピードで出来る為、時間削減になります。また、人員を削減する事でコスト削減にもつながります。人為的ミスがなくなるのも、メリットのひとつです。時間削減する事により、働き方改革のひとつ労働時間の短縮を目指す事もできます。IT化が進んできている近年、この様な便利なツールを導入する企業は増えてきています。

RPAのデメリットについてご紹介します

ですが、何事にもデメリットは付随してきます。RPAの監査に関しても同じです。では、RPAのデメリットを見ていきましょう。まずは導入にコストがかかるという事です。考えて使用していかないと、削減できるコストをかなり上回ってしまう可能性も出てきますので、注意が必要です。また、システム変更などが反映されていないままですと、誤作動を起こしかねません。RPAは決められた作業をするだけなので、その指示が間違っていても、構わず実行してしまいます。便利なツールですが、思わぬトラブルで業務停止するリスクもあります。また、ITのリスクでもある不正アクセスの可能性があるのも、デメリットと言えるでしょう。担当者変更などによる業務のブラックボックス化もリスクです。デメリットはありますが、リスク軽減も可能です。しっかりと把握して対応していきましょう。