Search Posts

ウェディングドレスを選ぶ制約

ウェディングドレスというのは、女性のあこがれです。
結婚式とおなじくらい、女性が将来実現させたい、いつかは、と思い描くものでしょう。
実際に、結婚式をするとなって、ウェディングドレスを選ぶとなると、なかなか大変です。
一生に一度のことだから、自分が思い描く通りのウェディングドレスを、と思っている人も多いでしょう。
けれど、実際には、なかなかそうはいきません。そして、思った以上に、自由が利かないものだったりします。
まずは、ウェディングドレスを頼むお店について、制約がでてきます。
というのも、ウェディング会場を決めたあとに、そのウェディング会場と提携しているドレスショップというのが、紹介されることが多いのです。
この、提携ウェディングドレスショップというのが、なかなか大変なのです。
こういった提携ウェディングドレスショップからウェディングドレスをレンタルするのであれば、ウェディングドレスのレンタル料を、いくらかサービスしてくれる、という形のサービスをしているところが多くあります。
また、提携しているところだったら、小物のレンタルを割引するとか、新郎の衣装をサービスする、というところもあります。
ただ、逆にいうと、こういった提携のウェディングドレスショップからレンタルしないと、持ち込み料を取ります、というところもあるのです。
特に大手のウェディング会場や、ホテルなどに多いようです。その金額も決して安くありません。
そうすると、自分の本当に思い描くウェディングドレスを探す以前に、ドレスショップの制約がかかってしまいます。
また、自分が本当に好きなドレスを、デザインして作りたい、という夢を持っているひともいるでしょう。
こうなると、本当に持ち込みになってしまいますので、持ち込み料がかかってしまいます。
更に、ウェディングドレスをオーダーメイドにするとなると、思った以上の費用がかかります。
たったの一着でも、数十万円することもありますので、結婚費用がぐんとあがってしまいます。
プラス、持ち込み料もかかります。
また、そうやってウェディングドレスをオーダーメイドにした場合、また別に、新郎の衣装を調達しなければなりません。
ウェディングドレスとセットだと、新郎の衣装というのは安く借りられたりしますが、単品だとより高くなってしまったりします。
あこがれのウェディングドレスですが、お金のことも考えながら選ぶとなると、実際には、さまざまな制約がかかってきてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*