Search Posts

ウェディングドレスを生かす

もうすぐ結婚式を挙げる予定です。
色々と今打ち合わせをしているのですが、一番悩んだのがやはりウェディングドレスでした。
ウェディングドレスは、自分で購入したり、レンタルをしたり、オーダーでお願いする等、色々な方法で用意は出来るのですが、私達が挙げる式場は、その式場で用意するドレスから選ぶ事が決められていたので、何着か試着して選ぶ事にしました。
初めは、ドレスの写真だけを見て好きなものを選び、試着後、更にお気に入りを絞るという流れでした。
写真で気に入ったドレスでも、いざ試着してみると、自分のスタイルに合わなかったり、全体のバランスが悪かったりと、自分に似合うドレスが分かりやすかったので、割と早く好みのドレスを選別出来ました。
結局予算的に、着れるドレスが限られていたので、最終的には予算内でおさまるドレスだけを見せてもらい、その中から一着選びました。
ウェディングドレスには、勿論それに合わせたアクセサリーも必要となりますが、ドレスのデザインによって、ネックレスを省いたり、豪華なアクセサリーではない方がドレスが引き立つので、前持ってアクサセリーだけを購入する予定の方は、ドレスを選んだ後に購入された方が、どちらも無駄にならず良いと思います。
又、ベールやグローブ、ちょっとした髪飾りは、無料でレンタル出来る式場も多いので、予め確認しておくのもオススメです。
結婚式の準備として、式場を決めるのも大切ですが、女性なら、先ずどんなウェディングドレスを着ようかと考えると思います。
私達の式場のように、ドレスは必ず式場で用意する所もありますが、自分で探したお気に入りのドレスがあれば、持込が出来る式場を選ばなければなりません。
もしくは、その選んだドレスを取り扱っている式場を選ぶと安心です。
今は、レストランウェディングや、ちょっとしたパーティーとして利用できる式場も増え、予算が安い代わりに、ドレスは持ち込みをする所がほとんどなので、どうしてもウェディングドレスに拘るのであれば、披露宴の形を変えるのも、ひとつの考えとして持っていると楽かもしれません。
昔に比べると、ウェディングドレスも割りとカジュアルになってきました。
シンプルな白いドレスに、ちょっとした小物をオリジナルで加えたり、手作りで飾りを付ける方も多いです。
中には、結婚式だけのウエディングドレスでは勿体無いと、使用後、リメイクしてまた使えるドレスとして選ぶ方もみえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*